MENU

椎間板ヘルニアが治らないときは坐骨神経痛

スポンサーリンク

椎間板ヘルニアという症状があります。
腰を中心に下半身に痛みを感じるようになっています。
したがって痛みが続く場合は日常生活に支障を来すこともあるので、しっかりと対処をする必要があります。
椎間板ヘルニアの一般的な症状は次のようになっています。
それは片側の下肢が痛くなります。
臀部から足にかけて激しい痛みを感じることもあります。
痛みが発生している部分が大きいときには、両方に症状が現れることもあります。
しかしいつまで経ってもこのような症状が治らないというときには、坐骨神経痛を発症している可能性もあります。
いつまで経っても治らないというときには、坐骨神経痛の可能性がありますが、これは腰痛の他に次のような症状があります。
腰から足にかけてしびれや痛みを感じるようになっています。
また感覚障害があったり、筋力の低下や排尿障害を引き起こすこともあります。
脊髄や神経根が圧迫されることで、坐骨神経痛が引き起こされるというのが大きな特徴となっています。

スポンサーリンク

椎間板ヘルニアが治らないときに坐骨神経痛を引き起こしていることがありますが、治療方法に関しては、手術療法が行われています。
ここでは科学的椎間板融解術というものがあります。
これに関しては日本では行われていません。
またレーザー焼灼法という方法がありますが、これは保険適用外となっています。
有効率もはっきりとはわかっていません。
これに対して経皮的髄核摘出術という方法がありますが、有効率が40パーセントから60パーセントとなっており、比較的効果がある治療法となっています。
鏡視下摘出術は、皮を切る部分が小さくなっています。
ブロック注射という方法がありますが、これは椎間板ヘルニアには一定の効果があります。
しかし他の脊椎疾患には効果があまりありません。
痛み止めを行うというような役割があります。
したがって根本的な治療を行うという方法ではありません。
最近では指圧で筋肉を緩めるというようなストレッチで、再発の予防や悪化を防ぐことができます。

スポンサーリンク