MENU

腰椎椎間板ヘルニアのリハビリには筋トレが効果的です

スポンサーリンク

腰椎椎間板ヘルニアという病気をご存知でしょうか。
私たち人間の背骨は、いくつもの椎骨が連なってできていますが、それぞれの椎骨間には椎間板と呼ばれるクッション性のある組織があるのです。
椎間板があることで、背骨に加わる外力を和らげることができるのですが、ふとしたはずみで椎間板が外側に突出してしまうことがあるのです。
これを椎間板ヘルニアと呼び、腰椎と仙骨の間にある椎間板で起こったものを腰椎椎間板ヘルニアと呼んでいます。
腰椎椎間板ヘルニアになると、激しい腰痛を引き起こし、立つこともできないケースが多々見られます。
また、椎間板が神経根を圧迫することで坐骨神経痛と呼ばれる、脚の痺れや痛みを感じることがあります。
そして、症状がひどい場合には手術が必要となることもあるのです。
治療には、ブロック注射や内視鏡を使って行う手術、またレーザー光線を用いる方法等がありますから、どのような治療法を選ぶのか医師と相談しながら十分に検討してみましょう。

スポンサーリンク

腰椎椎間板ヘルニアの治療が成功した後は、再発を予防するためのリハビリが必要となります。
そして、腰椎椎間板ヘルニアのリハビリには筋トレが効果的です。
なぜならば、腰を支えているのは腰周りの筋肉群なのです。
ですから、筋トレを行ってこれらの筋肉を強化すれば、腰椎を衝撃から守ることができるのです。
そして、リハビリにおすすめの筋トレとして、腹筋と背筋の強化が同時にできるスクワットがあります。
スクワットを行うことで、ハムストリングから体幹の筋肉を全体的にバランス良く鍛えることができ、徐々に負荷をかけていくことで、さらに再発防止効果が期待できるのです。
スクワットは、自重を使って行う方法と、ウエイトを担いで負荷をかけながら行う方法があります。
ですから、まずは自重を使ったスクワットから始めると良いでしょう。
この方法ならば、どこでもできるというメリットもあります。
また、筋トレはダイエットにも役立ちますから、その他の筋肉も鍛えてみましょう。

スポンサーリンク