MENU

ヘルニアで禁止する運動について

スポンサーリンク

ヘルニアと診断されたときには、できるだけ安静を心がけて自然治癒するのを待つということになります。
椎間板ヘルニアという病気がありますが、これは腰に激しい痛みを感じるようになっています。
したがって症状を悪化させないように注意をすることが必要になりますが、椎間板ヘルニアでは禁止されている運動がいくつかあります。
禁止されている運動は次のようなものとなります。
その中の一つに背中を反らすというような動きがあります。
これは一番よくない運動となっています。
背中を反らすことで、椎間板への圧力が高くなってしまいます。
その結果髄核が飛び出してしまい、さらに症状が悪化する可能性があります。
背中を反らすという運動は、気持ちがいいと感じることもありますが、実査には脊髄が縮んだ状態となっているので、大きな負担がかかることになります。
うつぶせの状態から体をエビのように反ってしまうと、脊椎や背筋に負担がかかってしまいます。

スポンサーリンク

このほかに禁止されている運動としては、腰椎に負担がかかるようなものとなっています。
ずっと立ち続けていると、片方の腰に負担がかかってしまったりということがありますが、これもあまり望ましいことではありません。
腰痛の痛みがあるときに、状態をずらすというような動きをしてしまうと、骨盤の傾斜がひどくなってしまうということがあるので、これも避けるようにします。
椎間板ヘルニアと呼ばれていることが多くなっていますが、そのほとんどが腰椎椎間板ヘルニアのことになります。
腰椎というのは人間の体のどの部分にあるのかというと、お尻の少し上となります。
この腰椎の付近に負担をかける運動をすると、腰痛などの症状が現れるようになっています。
したがって腰椎に負担をかけないことが必要となりますが、そのためには普段からよい姿勢を保つことを心がけます。
また寝た状態から起き上がるときにも、腰椎に負担がかからないように、横向きの状態から起き上がるというようにします。

スポンサーリンク