MENU

腰のヘルニアの軽度の症状について

スポンサーリンク

大人になると、年齢に関係なく腰痛の症状を感じることが多くなっています。
ここで原因として考えられるのが、椎間板ヘルニアとなっています。
正式には腰椎椎間板ヘルニアとなっています。
腰の疾患のことになりますが、実際には体にどのような症状が現れるのかというのをしっかりと把握していない人も少なくありません。
椎間板ヘルニアは、脊椎を構成している椎骨間と言うところに存在している椎間板の形が変形してしまい、その結果組織の一部分が本来あるべき所からはみ出した状態のことになります。
ここにはたくさんの重要な神経が通っているという特徴があります。
したがって椎間板ヘルニアによって、このはみ出た部分が神経を圧迫することになります。
その結果さまざまな症状が現れるようになっています。
初期症状としては軽度となっています。
神経が圧迫されるということで、体の感覚が鈍くなるというような軽度の症状が現れるようになっています。
また軽度の腰の痛みや足がしびれるというような症状があります。

スポンサーリンク

同じ姿勢を続けることで悪化することもあります。
初期の段階では体に現れるものとして個人差がありますが、初期の段階では気がつかないという人もいます。
その結果着実に悪化してしまうということになります。
初期の段階で発見をすることができれば、完治することができるようになっています。
したがって細かい異変であっても、しっかりと病院を受診してみてもらうようにします。
初期段階を過ぎるとどのような異変が現れるようになっているのかというと、腰痛や感覚障害、このほかにはしびれや歩行障害や排尿障害などが現れるようになっています。
このなかではっきりと自覚をすることができるのが腰痛になります。
最初は軽度の痛みであっても、放っておくと激しい痛みへと変化してきます。
重いものを持ったり長時間立ち仕事や同じ姿勢での仕事をするときに支障が出てくるようになっています。
椎間板ヘルニアの治療方法としては保存療法と外科的手術となっています。

スポンサーリンク