MENU

ヘルニアの手術と再発率について

スポンサーリンク

ヘルニアと診断されることがあります。
腰に痛みを感じるというような症状を訴えることが多くなっていますが、全く治療ができないということではありません。
したがって腰が痛いからと言ってあきらめる必要はないのです。
腰椎椎間板ヘルニアという症状がありますが、これは非常に激しい痛みやしびれに襲われるようになります。
また完治することもありますが、再発するのが心配という人もいます。
基本的に再発をする可能性が全くないということではありません。
これはどのような特徴があるのかというと、背骨の椎体と椎体の間でクッションのような役割を果たしている椎間板という部分が飛び出している状態になります。
したがってこれによって神経が圧迫される病気となっています。
この椎間板が元の位置に戻ることで、症状は改善するようになっています。
そして再び飛び出してくるということになれば、再発をしたと判断することができます。
治療は手術が行われるようになっていますが、再発率は一概には言えません。

スポンサーリンク

腰椎椎間板ヘルニアでは、手術をした場合、その方法によって再発率が異なっています。
また手術を行った後のリハビリへの取り組み方によっても、再発率は左右されるようになっていますはっきりとしたことは言えませんが、再発率が5パーセントから10パーセントと考える人もいれば、90パーセント以上再発をするというような結果もあります。
ここで一つのポイントとしては、手術を行ってから5年以内というのが、一番再発率が高いということになります。
手術をしても再発をすると言うことであれば、受けない方がいいのではないかと考える人がいますが、痛みがずっと続くことになります。
したがって医師と相談をしながらしっかりと考えるようにします。
再発に関しては、手術の方法そのものが原因となっていることもあります。
再発防止のために気をつけることは、普段の生活の中で腰に負担をかけないような姿勢を心がけるようにします。
猫背にならないようによい姿勢を保つようにします。

スポンサーリンク