MENU

ヘルニアの炎症期間について

スポンサーリンク

椎間板ヘルニアという病気があります。
人間は2本足で生活をすると言うことで、姿勢が悪い状態が続くと、体のさまざまなところに負担をかけているということになります。
その結果腰を中心に痛みが発生するようになっています。
椎間板ヘルニアを発症すると腰に激しい痛みを感じるようになります。
発症してから1ヶ月の間は急性期と言われている期間となります。
この時期は炎症による痛みが一番強いものとなっています。
最初は太股が痛くなるということで、中には肉離れと勘違いをしてしまうと言うような人も少なくありません。
椎間板ヘルニアの炎症が発生している時期に関しては、症状がなかなか改善しないということで大きな不安を抱えている人がいます。
精神的にもつらい時期となりますが、さまざまな病院を受診して改善方法を探すという人もいます。
しかしここで注意をしなければいけないことがあります。
椎間板ヘルニアに関しては、最初の1ヶ月間というのは炎症が発生しているので、原因を特定する必要があります。

スポンサーリンク

最初の1ヶ月という期間に関しては、原因を追及する必要があります。
そのためには病院を受診するということになりますが、整形外科を受診し、ここでレントゲンやMRI検査を行います。
ここでは坐骨神経痛の痛みが関係しているのか、それが関係していないのかをしっかりと判断することが必要になります。
急性期という1ヶ月の期間は、炎症が発生しているということで、どのようなことを行っても痛みは続きます。
したがってここでは症状をできるだけ悪化させないように、安静を心がけることが大切になります。
炎症による腰の痛みが改善されるまでは、鎮痛剤などを使って痛みを緩和することを行います。
急性期には体操やストレッチを行っても効果はありません。
体操やストレッチを行うと、逆に症状を悪化させることにつながってしまうので、できるだけ控えるようにします。
椎間板ヘルニアに関しては、2ヶ月頃から痛みが軽減されるようになっています。
2ヶ月から3ヶ月で自然治癒するようになっています。

スポンサーリンク