MENU

ヘルニアで痛み止めが効かない原因について

スポンサーリンク

椎間板ヘルニアは、腰を中心に下半身に激しい痛みを感じるようになっていますが、ここで痛みがあるときに処方されるのが痛み止めとなっています。
椎間板ヘルニアでは激しい痛みを少しでも緩和するために痛み止めが処方されるようになっていますが、これを飲んでも効かないということがあります。
効果がないと非常に困ってしまいます。
椎間板ヘルニアで痛み止めを飲んでも効かないというときに考えられる原因は次のようになっています。
椎間板ヘルニアの痛みは次の2つに分けることができます。
それは炎症による痛みと筋肉による痛みとなっています。
このときに痛み止めで効果があるのは炎症による痛みとなっています。
夜中に目が覚めてしまうと言うようなときには薬をのむようにします。
しかし歩くと痛みを感じるというようなときがあります。
このようなときに考えられる原因は筋肉による痛みです。
ここでは薬は効かないようになっています。
このように痛みの原因によって効果が異なるというのを忘れないようにします。

スポンサーリンク

しかし痛み止めの薬はしっかりと効果があることが多いです。
しかし筋肉が原因となっている痛みが残っているということで、痛みが緩和されていないと感じることがあるのです。
筋肉が原因となっている痛みに関してはどのように対処をすればいいのかというと、筋肉に鍼をするという、トリガーポイント鍼療法というものがあります。
これはどのような仕組みになっているのかというと、堅くなっていた実を発生している筋肉を軟らかくし、これが痛みの解消につながるというようになっています。
痛みを緩和する薬が大切ということではなく、痛みの原因が複数あるということが大切になります。
それぞれを追及することができれば、しっかりと対処をすることができます。
ここでは人間が本来持っている自然治癒力が非常に大切となります。
これを十分に発揮させることで、回復までの期間を短くすることができます。
基本的に2ヶ月から3ヶ月で自然治癒することが多くなっています。

スポンサーリンク