MENU

ヘルニアの手術の成功率について

スポンサーリンク

現代では医学の発達がめまぐるしいものとなっています。
したがってすこし前までは治すことができなかったというような病気でも、完治させることができるようになっています。
さまざまな病気がある中で、椎間板ヘルニアというものがあります。
腰に激しい痛みを感じるようになっていますが、現代の医学では、椎間板ヘルニアに対する治療としては手術が行われるようになっています。
その方法はレーザーを使った方法や内視鏡を使った方法があります。
このように体に負担がかからないというような方法がたくさん行われるようになっていますが、それと同時に手術の安全性も向上していると考えることができます。
安全性に関しては、切開や麻酔が体に与えるダメージのことになります。
これが非常に少なくなっているのです。
麻酔によるダメージは、全身麻酔が大きくなっています。
そして局所麻酔の法が少なくなっています。
しかしここで注意をしなければいけないことがあります。

スポンサーリンク

それはレーザーや内視鏡を使った方法では今までの手術のように椎間板ヘルニアの状態を確認しながら行われるというものではありません。
モニターやレントゲンを通して確認しながら施術をするという流れとなっています。
したがって施術を行う人の高い技術が求められるようになっています。
とくにレーザー治療では高い技術が必要となります。
椎間板を取り除ききれなかったり、脊椎の中の大切な神経を傷つけてしまうという可能性もあります。
したがって手術を受ける際には、病院がどのくらいの実績があるかを確認しておくようにします。
腰椎に比べて頸椎の方が難しいと考えられています。
また内視鏡手術に関しては、すべての整形外科で行われているということはありません。
今まで行われていた方法の成功率は、80パーセント以上という高い数字となっています。
したがって成功率が高くなっているということで、神経を傷付けて後遺症が残るというような心配は少なくなっています。
比較的成功率が高い手術と考えることができます。

スポンサーリンク