MENU

腰椎椎間板ヘルニアによる激痛で歩けないのなら

スポンサーリンク

腰椎椎間板ヘルニアによる激痛で歩けないのなら、無理をせず安静にしておくことが重要です。
腰椎椎間板ヘルニアという病気は、腰椎と腰椎の間に挟まっている椎間板がはみ出してしまい、周囲の組織や神経を圧迫して炎症を引き起こす病気です。
ただし、腰椎椎間板ヘルニアになった当初は、激痛で歩けないケースでも、数日間安静にしていれば、やがて激痛が治まって歩けるようになってくることも十分に考えられます。
なぜならば、椎間板が神経を圧迫していなければ、周囲の組織に起きた炎症は次第に消えてくるからです。
しかし、激痛が消えたからと言って安心してはいけません。
やはり病院に行って診察を受けるべきなのです。
そして、再発させないためにもしっかりと完治させることが大切です。
しかし、いつまで経っても激痛で歩けないという場合には、腰椎椎間板ヘルニアの手術が必要となってくることも考えられます。
そしてこの場合には、手術実績が豊富な病院を探す必要があります。

スポンサーリンク

腰椎椎間板ヘルニアの手術は、安心のためにも名医と呼ばれる医師に任せたいところです。
そのためには、インターネットを活用して名医を探してみることをおすすめします。
また、手術が成功をおさめた暁には、再発を予防するための対策が必要になってきます。
要するに、腰椎を支えている筋肉群を鍛えて、椎間板がずれてしまうのを防ぐのです。
そのためにも、腰周りの筋肉を鍛えるための筋肉トレーニングを定期的に行いましょう。
最初は、無理のない自重で行う筋肉トレーニングで良いですから、2日に1回は行うことです。
そして、慣れてくれば次第に負荷をかけていくとさらに効果的です。
腰椎椎間板ヘルニアの予防に適した筋肉トレーニングとしては、体幹を全体的に鍛えるスクワットがおすすめです。
スクワットならば、場所を選びませんから仕事の合間にもできますし、水の入ったペットボトル等を持って行うことで、負荷をかけることもできます。
また、筋肉トレーニングをすればシェイプアップも期待できるのです。

スポンサーリンク