MENU

ヘルニアとぎっくり腰の痛みや違いについて

スポンサーリンク

腰が痛いというときに考えられるのは、ぎっくり腰や椎間板ヘルニアと言うことになります。
これらはどちらも有名な症状となっていますが、名前を聞いたことがあるという人や、実際に発症したことがあるというような人も少なくありません。
ぎっくり腰と椎間板へルニアに関しては、似ているところもありますが、違いもあります。
病気としてどちらが危険かを考えたときには、椎間板ヘルニアとなります。
したがってその違いや痛みに関してしっかりと理解をしておくことが必要となります。
どちらも腰に激しい痛みを感じるようになっていますが、急に筋肉が伸びたり筋膜が損傷を引き起こして痛みが発生するのがぎっくり腰となっています。
重いものを急に持ち上げたり、高いところから飛び降りるというような動作で発症することがあります。
しかしこの場合、髄核がつきだして神経を圧迫するというようなことはありません。
急に激しい痛みに襲われるようになっています。
しかし安静にしていると症状が治まります。

スポンサーリンク

安静にしていると、数日で症状が治まるようになっています。
腰を中心に痛くなり、損傷しているところが変わっても腰の周りが痛むようになっています。
痛みが続く期間や範囲、その他の症状で見分けることができるようになっています。
椎間板ヘルニアは、椎間板の内部にある髄核がはみ出して、神経を圧迫するというのが違いとなっています。
発症直後に痛さが続き、数日経っても治まらないということは珍しくありません。
激痛が続く期間が長くなっています。
神経の圧迫が原因となっているので、腰だけではなくお尻や足というような下半身を中心に、痛くなるようになっています。
また重症化すると、足のしびれや麻痺という余蘊症状も現れてきます。
歩くことが困難になってしまうこともあるので、注意が必要です。
病気を特定できないままそのまま放っておくと、症状が悪化してしまいます。
したがって椎間板ヘルニアの可能性が考えられるときには、早めに病院を受診するようにします。

スポンサーリンク