MENU

ヘルニアの術後の痺れについて

スポンサーリンク

椎間板ヘルニアと診断されたときには、手術が行われることがあります。
必ずしもすべて手術によって治療を行わなければいけないということではありませんが、手術が行われる際には一つの目安があります。
それはヘルニアによって脊髄が圧迫されて、手足の麻痺や痺れというような症状が現れてきます。
このほかには排尿障害が発生したり、筋力が低下するというような症状が現れることもあります。
すなわち日常生活の中で支障を来しているときになります。
しかし椎間板ヘルニアで、手足の痺れがあると言うだけでは手術が行われないようになっています。
またここで気になるのは、手術を行うことで、どこまで回復することができるのかに関してです。
実際に痛みに関しては大きな効果があることがわかっています。
しかし痺れに関しては、必ずしもすぐには治らないということもあります。
それはなぜなのかというと、脊髄がヘルニアの圧迫によって、変性してしまうからです。
したがって元に戻りません。

スポンサーリンク

椎間板ヘルニアと診断されたときには、手術は有効な方法となっています。
しかし必ずしも完治するということはありません。
完治しないということもあるので、ここでの目的は、生活の質を向上させるものとして考えられています。
また術後の後遺症も気になります。
術後の後遺症に関しては、摘出がしっかりと行われていなかったり、複数のヘルニアがある場合などに後遺症が見られることがあります。
このような場合には、神経障害の原因そのものが無くなっていないということで、術後の後遺症のような症状がいつまでも続くということもあります。
後遺症が出たときには、他の病院に相談をするという方法があります。
セカンドオピニオンというものになりますが、さらに高度な医療機関で診察をしてもらうというのも一つの方法です。
ここで本当の原因が発見されることもあるので、症状が改善することも期待できます。
またここでは外科的療法以外の方法が行われることもあります。

スポンサーリンク