MENU

ヘルニアや坐骨神経痛の寝方について

スポンサーリンク

腰の痛みに悩まされているという人がいます。
椅子に座って仕事をするというデスクワークの人や、重い荷物を持った作業をするというような人に多く見られるようになっています。
このような腰の痛みが続くと、日常生活に支障を来すこともあります。
したがってしっかりと改善をすることが必要になります。
椎間板ヘルニアや坐骨神経痛という症状がありますが、これらは重症化すると夜寝ているときや安静にしているときにも痛みが発生するようになっています。
これではゆっくりと休むことができません。
夜寝ているときに痛みが発生してしまうと、睡眠障害を引き起こして精神的にも非常につらくなってしまいます。
したがってできるだけ安眠できるような寝方を知ることが大切になります。
ここでとくに決まった寝方というものはありません。
椎間板ヘルニアや坐骨神経痛の人にとって、一番楽と感じる寝方や姿勢をすることが大切になります。
中には座っている方が楽と感じていることもあるのです。

スポンサーリンク

腰をかがめているのが楽と感じている人もいます。
逆に腰をそる方が楽と感じている人もいます。
このように個人差があるというのがわかります。
椎間板ヘルニアや坐骨神経痛に関しては、人によって痛み方や痛む条件が異なっているのです。
その中で横向きで寝るのが楽と感じている人は、痛みが強い方の足を上にして横向きで寝ます。
このときのポイントとしては、状態は軽く丸めたような感じで、膝に関しては楽な範囲で曲げて両方の足を支えるようにします。
赤ちゃんがお母さんのお腹の中にいるというようなイメージです。
人間の関節は、曲げ伸ばしの間くらいが一番リラックスしやすい角度と考えられています。
ここで膝を伸ばした方が楽と感じる場合には、伸ばしても問題はありません。
状態を丸くすることで痛みを感じるというような場合には、伸ばすようにします。
ここで自分にとって楽な姿勢が決まれば、右膝と左膝の間に、座布団を入れて、足と足の間に挟むようにします。

スポンサーリンク