MENU

ヘルニアは病院の何科を受診するのか

スポンサーリンク

椎間板ヘルニアという病気があります。
このような病気の時には、自分一人では改善することができないこともあるので、病院を受診するようになっています。
腰やお尻や太股、このほかには樫などに傷みやしびれというような症状を感じるようになっていますが、このような症状が現れたときには、病院の何科を受診すればいいのかわからないという人がいます。
病院の何科を受診すればいいのかわからないということで、とりあえず整形外科を受診するということが多くなっています。
椎間板ヘルニアの治療で整形外科を受診するというのは、決して間違っている方法ではありません。
しかし腰椎椎間板ヘルニアや坐骨神経痛というような症状が疑われるときには、病院の何科を受診すればいいのかというと、脳神経外科を受診するようにします。
痛みが発生しているということは、腰椎に何らかの障害が発生していると考えることができます。
脳神経外科を受診するのに違和感があるという人がいますが、間違ったことではありません。

スポンサーリンク

脳神経外科では、脳と脊髄を専門としています。
したがって椎間板ヘルニアや坐骨神経痛というような腰椎の問題や脊髄の問題に関しては、しっかりと治療を受けることができるようになっています。
これは意外と知らないという人が多くなっていますが、これらの病気の主な原因となっている疾患の専門に関しては、脳神経外科ということになります。
整形外科に行かない方がいいということではありませんが、本来の専門医となっている脳神経外科を受診する方が、しっかりと治療効果が期待できることもあります。
整形外科ではレントゲン検査やMRI検査を行うようになっています。
また問診と触診が行われるようになっています。
整形外科には理学療法士もいるので、腰痛を改善する体操やストレッチの指導を受けることができます。
一概に脳神経外科でなければいけないということはないので、自分にあった病院を選ぶようにします。
ここでは必ず治療方針の確認を行うようにします。

スポンサーリンク