MENU

首のヘルニアの痛みと緩和について

スポンサーリンク

腰だけではなく首にヘルニアの症状が出ることがあります。
頚椎ヘルニアと呼ばれるようになっていますが、初期症状としては、激しい痛みがしばらく続くというようになっています。
しかしこの痛みがずっと続くのではないかと不安になる人も少なくありません。
しかし心配することはありません。
しっかりと対処をすることで症状を緩和させることができます。
治療に関しては安静を心がけなければいけませんが、絶対安静を行っている中で痛みの緩和を上手に行うことで、激しい痛みが消えていきます。
首のヘルニアの痛みに関しては、次のような方法で改善をしていきます。
ストレッチや体操、このほかにはマッサージなどになります。
また外用薬や内用薬を使った薬物療法もあります。
これらを続けて行うことで、生活の中で困らない程度に落ち着いていきます。
首のヘルニアに関しては、個人差があるものの、牽引治療で緩和するということもあります。
またコルセットで固定をするという方法もあります。

スポンサーリンク

しっかりと首を固定することで、日常生活の中での動作による負担を軽減させることができます。
必ずしも手術を行わなければいけないということはありません。
このような方法でも痛みの緩和効果はしっかりと実感することができます。
急に症状が現れるということがありますが、急性期の場合にはすぐに保存療法を行うということはありません。
安静を心がけ、しばらく様子を見るという形となります。
炎症が治まってくると、緩和治療が行われるようになります。
ここでは応急処置が行われることもあります。
それが神経ブロック注射となります。
これは痛さの神経を遮断することができます。
また安静にしていてもつらいと感じることがあります。
この場合にはペットボトルにバスタオルを巻いて、この上に頚椎の曲線が合わさるように頭をのせるという簡単な方法です。
これは安眠効果を期待することができます。
1.5リットルのペットボトルを使うと、ちょうどよいサイズとなります。

スポンサーリンク