MENU

ヘルニアの種類や腰の痛みについて

スポンサーリンク

年齢を重ねると共に体のさまざまな症状に悩まされているという人が多くなっています。
その中の一つの腰痛というものがあります。
若い人の中でも経験をする人が多くなっていますが、とくに中高年の腰痛が多くなっています。
ここで頭に思い浮かべるのがヘルニアになります。
非常に聞き慣れた言葉となっていますが、実際にはその種類や特徴をしっかりと理解していないという人が多くなっています。
腰のヘルニアに関しては、腰椎椎間板ヘルニアと呼ばれるようになっています。
原因や症状に関しては次のようになっています。
椎体と椎体の間にある椎間板という部分が飛び出して、そこで神経が圧迫されることで腰や足に痛みを感じるようになっています。
加齢が原因となっていることが多くなっていますが、このほかにはスポーツをすることなどで大きな負担がかかることも原因の一つとして考えられています。
このほかには不安やストレスが関係しているということもあります。

スポンサーリンク

これは椎間板の飛び出し方によって、いくつかの種類に分けることができるようになっています。
その中の種類の一つに、椎間板が完全に飛び出していないというものがあります。
これはどのような人によく見られるようになっているのかというと、若い人に多くなっています。
完全に飛び出していても、椎間板の外側にあるところを突き破っているかどうかというような違いもあります。
進行すると、椎間板の一部が完全に飛び出した状態となっており、椎間板が分離しているというようなものもあります。
しかし進行しているからと言って、必ずしも痛みや痺れが強いということはありません。
種類に関しては、これからの治療で手術を行うかどうかによって分けることができます。
すぐに命に関わるというような病気ではありませんが、痛みやしびれなどの症状が現れると、生活の中で支障を来すようになってしまうので、治療までの期間が長くならないように、早めに医療機関を受診するようにします。

スポンサーリンク