MENU

ヘルニアと坐骨神経痛の痛すぎる症状について

スポンサーリンク

毎日の生活の中で、おしりの部分に電気が走るような痛すぎる症状を感じることがあります。
具体的には太股からおしりの周辺に、何か切れるような電気が走るような痛すぎる症状を感じることがあります。
このようなときに考えられるのが坐骨神経痛となります。
坐骨神経痛には次のような特徴があります。
痛すぎるという症状の他に、歩くときに地面に足を付けることができないということもあります。
坐骨神経痛の症状を和らげるためには、腰を温めるという方法が効果的です。
腰を温めることで、症状を緩和させることができます。
この時にはカイロなどを使うと非常に便利です。
坐骨神経痛には次のような特徴があります。
坐骨神経というのは、腰や太股の後ろ側やふくらはぎ、この他には爪の先まで伸びている神経のことになります。
人間の体の中で一番太く、長い神経と考えることができます。
したがってここに異常が発生したときには、腰だけではなく足の先まで痛みやしびれというような状態が現れるようになっています。

スポンサーリンク

坐骨神経痛とは病気の名前ではなく症状の一つとして考えられています。
このような状態を引き起こす原因として考えられているのが、椎間板ヘルニアとなります。
椎間板ヘルニアの他には、腹部脊柱管狭窄症や腰椎すべり症などがあります。
しかしこのなかで一番多い原因となっているのが、椎間板ヘルニアとなっています。
年齢が若い人の場合、坐骨神経痛の原因は椎間板ヘルニアであることが多くなっています。
高齢者の中で多くなっているのが脊柱管狭窄症になります。
腰や背骨の疾患ということになります。
椎間板ヘルニアとはどのような特徴があるのかというと、人間の腰骨はそれぞれの骨の間に椎間板というクッションが存在します。
ここから髄核や繊維輪が飛び出して神経組織を圧迫した状態となっています。
原因は加齢や重労働などがありますが、この他には喫煙やスポーツの影響を受けることもあります。
遺伝子的要素もあると考えられています。
ここでは基本的に保存療法が行われています。

スポンサーリンク